第5回 理事会報告

 

1.日時  2012年9月16日(日)10:00~12:30


2.場所  新千里東町会館2階


3.議事


(1)会議記録等の確認

・第4回理事会会議記録について、出席理事から意見はなく、承認された。


(2)自治会・団体間の連絡と相談

1)各自治会・諸団体から配布資料に沿って報告が行われた。資料記載以外の報告事項は以下の通り。

①(UR10月6日に市危機管理室による防災出前講座を実施する。

②(福祉)夏祭りの古本市は30,490円、物産展は約4,000円の収益があった。古本の残りは青木商店に引き取ってもらい、1,500円を受け取った。募金箱の3,173円と合わせて、全額を東日本大震災で被災した陸前高田市の一本松基金に寄附する。9月30日10時からコラボで陸前高田市長の講演会が行われるので、その時に、他地域からの寄附金と合わせて贈呈する。

9月15日の敬老の集いへの協力のお礼。事故なく無事に実施できた。今年の対象者は2,419人。参加者数は集計中であるが、例年、950人ほどの参加があり、今年も同程度であると思う。

③(小学校)9月10日の除草作業への協力のお礼。地域から大勢の参加があった。9月29日に運動会を開催する。騒音等あると思うが、よろしくお願いしたい。

④(アーバン)小学校と中学校の間の歩道の街灯(北側の東から2本目)が切れたままになっている。また、八中前交差点からの南北道路や桜ケ丘の北側道路沿いにある桜並木の毛虫対策について、早めの対応をお願いしたい。


(3)平成24年度予算修正と確定

・事務局より、資料に基づいて予算書の修正点について説明があった。

・予算書を修正して確定することについて、承認された。


(4)協議会各部会の活動報告

1)東丘版コミュニティスクールの検討部会

・部会長より、資料に基づいて報告が行われた。

・現在は、“東丘版コミュニティスクール”についてのフリーディスカッションを行っているとの説明があった。

2)各団地に共通ないしまたがる課題解決の検討部会

・部会長より、資料に基づいて報告が行われた。

・アドプトロード清掃活動の移管に関し、理事から「コミュニティルーム運営委員会と協議してほしい」との要請があった。これに対し、部会長から、本日午後に行う検討部会に出席してはどうかとの提案があった。

3)防災部会

・部会長より、資料に基づいて報告が行われた。

・防災部会の開催案内(議案書16ページ)について、日程変更のため、差替えの案内書が配布された。

4)広報部会

・部会長より、スライドを使った報告が行われ、アンケート用紙の見本が配布された。

・アンケートについては、今回は全住民ではなく、理事ほか数人と代議員、各種団体の代表者を対象とすること。また、今後、部会でアンケート内容の詳細を詰めて実施したいとの説明があった。


(5)夏祭り反省会報告

・実行委員長より資料が配布され、夏祭りにおける事務局の対応に関し、苦言が述べられた。また、協議会の監事を辞任する旨の申し出と、後任の監事選任の要請があった。(質疑がないことを確認後、実行委員長は退席)

・これに対し、理事より、「内容がよく分からない。原因を調べて対処を」「内容が正しいのか、何の会話なのか、はっきりしてほしい」との意見があった。

・副実行委員長より、夏祭りの概況と9月8日の反省会の意見、決算報告、来年度への問題提起について、資料に基づいて報告と説明が行われた。理事からの意見は次の通り。

①反省会では、学校の教室にごみが放置されていたという反省点が出されていた。敬老の集いの準備の際にも、夏祭り後に音楽教室の道具が散乱していたという話を聞いた。学校の協力と好意により場所をお借りしているのだから、学校への配慮はちゃんとすべき。最終点検をきっちりしてほしい。

②やぐらで使っていた紅白幕を敬老の集いで使う予定であったが、行方不明になっている。結局、協議会予算でレンタルしてもらった。我々も理事の立場であるが、簡単なことができていないのは、大いに反省すべき。

③紅白幕は公民分館から貸し出したもので、夏祭りの片づけの際に、クリーニングして返してほしいと何人かにお願いしていた。

・決算について、承認された。


(6)実行委員会の体制

・会長より、来年の夏祭り実行委員会と、新春交歓会実行委員会の体制を立ち上げるため、委員の自薦、他薦の依頼があった。

・理事より、「自治会役員の任期が1年であるため、委員長には就けないが、委員としては参加したい」との発言があったほかは、自薦、他薦についての意見は無し。

・会長より、役員と事務局で候補者を検討することについて提案があり、承認された。


(7)ソフトバンク携帯電話用無線基地設置説明会

・会長より、9月26日(水)午後7時から東町会館で説明会が行われるとの報告があり、各自治会での周知の協力依頼があった。

・理事数名より、設置計画に関する資料の配布と、説明会の延期を求める意見があり、会長が、設置業者に対応を依頼することになった。また、住民への情報周知を各団体にお願いするが、各団体でどのように対処するかについては任せることとなった。
各理事からの主な意見は次の通り。

①具体的な計画の資料を事前に配ってほしい。以前に当団地の屋上に基地を設置していたが、設置場所近くの居住者が強硬に反対し、総会で撤去することを決めた。多数決で決められるのもではないので、地域として対応するのは難しい。説明会までに時間を取ってもらうよう、依頼してほしい。

②電波障害が起きる可能性もあるので、事前に資料がほしい。当団地では、エレベーターの近くというだけでNHKラジオの電波が入らなくなり、現在、対策を求めているところである。設置後に障害が起きないよう、慎重に対応する必要がある。

③ある地域では、隣接する二つのマンションで、一方が基地の設置を決めたことに対し、他方から大反対の声があがっている。地域にちゃんと情報を開示して、みんなで考えるべきである。

④病院での無線LANの使用が解禁されたことから、学校内でも無線LANを使用できるようになった。大阪府内で禁止しているのは枚方だけである。

⑤市への届出義務があるとはいえ、説明会を実施したという報告だけで終わる恐れがある。この日程では住民に情報を周知する余裕がないので、説明会を延ばしてほしい。商店会やPTAにも連絡しておいた方が良いのでは。

⑥(団体としての意見を取りまとめなければならないのか、との質問に対して) 各団体でどのように対処するかについては、各団体の判断に任せればよい。


(8)その他

1)協議会の慶弔規定について

・会長より、慶弔規定について、今後、討議を進めていきたいとの提案があった。

・理事より、その他の修正事項も含めて、来年の総会で規約の改正について諮ればよいとの意見があった。

2)コミュニティルームの利用について

・理事(コミュニティルーム運営委員長)より、「コミュニティルームAに、ペットボトルの空き容器や菓子の包装紙が残されたままになっている。ごみは利用者が持ち帰るルールになっているので、徹底してほしい」との要請があった。

3)次回の日程について

・次回理事会は、10月21日(日)10時から、東町会館で開催する。

                                  以上

 

詳しくは、理事会・総会資料 → 2012年度をご覧ください。