コミュニティルーム 印刷機利用

印刷機利用案内

コミュニティルームA(東丘小学校内)に印刷機があります。地域の住民ならどなたでも利用できます。ただし、少量のコピー(20部以下)はご遠慮ください。


利用に際しては、以下の手順でお願いします。


コミュニティルームのセキュリティの解除と部屋の開錠

セキュリティの解除に必要なカードとルームAのカギを街角広場で借り出してください。
手順は街角広場で確認願います。


印刷

●印刷機のカバーを外し、コンセントをつなぎ、スイッチをONに
●用紙をセット

用紙は、A3の白があります。A3白以外の用紙を使用する場合には、持ち込んで下さい)A4の印刷時には、A3で印刷して、カットします。(カッターは常備) A4の原稿1枚の場合には、連写(同一のイメージを左右2ページに印刷)を利用してください。

●排出トレーのセット

排出トレーのガードを正しい位置にセットします。

●原稿をセットして製版

この印刷機は最初に製版します。製版の表示が出たらスタートボタンを押してください。連写の場合には、途中でエラーになりますが、もう一度スタートを押してください。製版が終わると、試し刷りが1枚でてきます。薄い場合には、試し刷りボタンを押してください。(試し刷りも料金に加算されます)

●印刷枚数をセットし印刷

両面印刷の場合には、印刷済みの用紙を裏返して用紙トレーにセットし印刷します。(同じ版が使えますので製版不要です)

 

必要に応じてカッターで切断する

コミュニティルームには、カッターと紙折り機があります。ご自由にお使いください。
なお、4ページ原稿の場合には、A3用紙に4ページ(裏表)に印刷して半分に折るとホッチキス止めは不要です。

 

印刷枚数の記録

印刷後、印刷枚数などを備え付けのノートに記入します。印刷機のカバーを開くと、左上にカウンター・マスターが表示されています。ノートには、所属・住所・氏名(これは請求書の届け先です)とともにカウンター・マスターの値と片面か両面かを記入します。用紙持ち込みに場合には、備考欄に「用紙持ち込み」と記入してください。
この記録を元に、新聞委員会から翌月、請求書が届きますので、速やかにお支払いください。


請求単価 1枚 片面 5円 両面 8円 用紙持ち込みは1円引き

 

印刷機を原状復帰する

排出トレーの復帰にご注意ください。「小さなガードは、表を向けて中にずらす。左右のガードはたたむ」

 

コミュニティルームAの施錠・セキュリティのセット

入室したときの逆手順で、施錠とセキュリティのセットをお願いします。
なお、コミュニティルールAやBを他の団体が使用中の場合がありますのでご注意ください。(使用中の場合には施錠およびセキュリティの設定は不要です)

 

<トラブル等>

  • 用紙詰まりの場合には、カバーを開けて指示に従って取り除いてください。
  • トナーがなくなった場合には、印刷機のカバーを開け、下の引き出しにある新しいトナーに取り換えてください。
  • 製版用紙切れの場合もあります。現地の取り扱い説明書をご覧ください。

<お願い>

  • 用紙の残りが少ない(1500枚以下)場合や製版用用紙やトナー残が1本程度になった場合や故障・わからない場合には、東町交流室(6834-2999)までご連絡ください。

<その他>

  • 不明な時には、印刷機の横のポケットにある取り扱い説明書をご覧ください。