協議会NEWS 2013年度

2014.2.21

環境整備進捗報告(2月21日)

2月18日(火)からのこぼれび通りともみじ橋通りの危険木の伐採が終了しました。

<こぼれび通り>

ポプラ7本を伐採しましたが、代替樹木を植える予定です。

伐採前
伐採前
伐採後
伐採後

<もみじ橋通り>

松の木2本を伐採して道がスッキリしました。

伐採前
伐採前
伐採後
伐採後

 

2月20日~28日

テニスコート横の公園整備の一貫で夾竹桃の撤去をしています。

今回は公園側の夾竹桃1列のみを残して、撤去しています。

残りの夾竹桃撤去から新しいフェンス設置までは来年度より順に行っていきます。

 

環境委員会

 

2014.2.18

環境整備が着々と進んでいます

 2月17日(月)にもみじ橋通りの整備で樹々の上部の枯れ枝除去の作業が終了いたしました。バケット車両を搬入し、警備員を配置しての大掛かりな作業でした。

 通行され方々にはご不便をおかけいたしました。ご協力ありがとうございました。

 


 

 他にもいくつか工事が終了している所があります。

 

  • スーパー青葉に向かうアソカ幼稚園と医療センターの歩道で、飛び出し防止のための車止めの設置工事が終了しています。
整備前
整備前
整備後
整備後

  • あかしや橋下の工事ではローレルコート側の車止めの設置工事と保育所側の縁石原状復帰工事が終了しています。
整備前
整備前
整備後
整備後

整備前
整備前
整備後(植栽前)
整備後(植栽前)


 ご理解とご協力ありがとうございます。

 

環境委員会委員長 和田 園子

2014.2.6

環境整備が進んでいます

<もみじ橋通りの雑木林での近隣マンションに越境している部分の整備>

 

1月20日(月)21日(火)もみじ橋通りの雑木林で近隣マンションに越境している部分の樹木・竹の整備をいたしました。

ご協力ありがとうございました。

 

整備前

整備後


<もみじ橋通りの上部の整備>

 

日時:2月17日(月)9:00~17:00

もみじ橋通り雑木林の東町公園側の上部の枯れ枝の除去を行います。

作業中、通行はできますが、一時通行をお待ちいただくこともあります。

何かとご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

                   環境委員会委員長  和田 園子

 

2013.12.24

環境委員会で課題となっている4つの進捗状況を報告します

<もみじ橋通りの雑木林>

  • 12月19日にもみじ橋通りの上部の枯れ枝と桜ヶ丘住宅弐番館南側の雑木林内の折れた竹や枯れ木の撤去をいたしました。

撤去前

撤去後


 

  • 来年の1月20日から桜ヶ丘住宅参番館沿いの越境した木と竹などを伐採します。
  • 2月にはもみじ橋通りの頭上を横断している危険木(赤松)2本を伐採します。

 

<こぼれび通り>

  • 昨年9月に台風で倒れた阪急ホテルそばの駐輪場前のポプラの木ですが、現在残っているポプラ7本も強い風などで倒れる恐れがあるため伐採します。その後の代替樹木の樹種は豊中市からの提案により検討していきます。


<テニ横広場のフェンス>

  • 今年の2月から来年度にかけて公園内のキョウチクトウを徐々に減らしていき新しいフェンスを設置します。

作業中、皆様には何かとご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますよう宜しくお願いいたします。

 

<あかしや橋下の横断>

  • 今年10月よりあかしや橋下の保育所側の縁石が削られた所に単管柵が設置されています。先日子どもが、単管柵の近くの桜の木と植栽の隙間から自転車で飛び出して、車と接触しかけた事がありました。その他にも飛び出してきた子どもをよけようとして車が溝に脱輪してしまった等、あかしや橋下を横断することは本当に危険です。そのため、「その町の子どもはその町が守る・・・」を念頭に暫定的ではありますが、桜の木と植栽との近くにプレートを設置させていただきました。皆様にはご不便をおかけするかもしれません。年度末には縁石原状復帰と車両進入禁止柵設置などの工事が始まります。横断する際は東側の横断歩道、またはあかしや橋をご利用されますようご理解とご協力をお願い申し上げます。

設置前

設置後


 

環境委員会

2013.12.1

長谷(ながたに)池、藻の清掃を行いました

 12月1日(日)10時から12時頃まで、豊中市公園みどり推進課と地域自治協議会環境委員会共催で長谷池の藻の清掃作業を行いました。

 

 豊中市の職員と東町の住人・家族連れの方々を含め総勢50名程長谷池に集合しました。

 

 市の職員がボートに乗り、ワイヤーを使って池の中の藻を引っかけて岸に引き揚げて、私たちはその引き揚げた藻を集めました。

 

 その他の作業として、水面に浮いている藻を岸から熊手や網などの道具を使ってすくいあげました。

 

 普段、立ち入る事が出来ない所での作業で、大人から子どもまで楽しみながら作業しました。とてもいい体験が出来たと思います。

 

 晴天だったとはいえ寒い中、沢山のご参加・ご協力をいただきましてありがとうございました。

 

環境委員会委員長


協議会会長Message

 

12月1日(日) 午前10時より豊中市公園みどり推進課と地域自治協議会・環境委員会主催で長谷池の藻の清掃作業を行いました。

 

日曜日の朝にもかかわらず、当日はたくさんの方にお集まり頂きありがとうございました。

 

市の職員の方がボートで長谷池に繰り出し、普段立ち入る事のできない場所の藻を集めていきます。

 

私たち東町の住民は、池周辺部の藻、水草、ゴミなどを熊手や網を使って集めていきます。

 

お母さんに見守られながら懸命に藻を集める子供たちを見ていると、とても微笑ましく温かい気持ちになれました。

 

途中おじいさんと散歩中の3歳の男の子も飛び入りで清掃に参加!!  本当はボートに乗りたいとの事でしたが、網を使って少しだけお手伝いをしてもらいました(笑)

 

私自身も童心に返ったような感覚になり、ついつい我を忘れ全身泥まみれになりながらも、みなさんと一緒に楽しく清掃活動を終える事が出来ました。

 

初めてお会いする人たちとも一緒に清掃をしたわけですが、これこそ「集う、交わる、知り合うところ」という地域自治活動の基本、根幹部分ではないかと再認識。

 

みなさんと一緒に素晴らしい時間を過ごす事が出来ました。

 

当日は天候にも恵まれましたが、お忙しい中お集まり頂き本当にありがとうございました。

 

今後も継続していく作業ですので、またの機会にはよりたくさんの方に是非ご参加頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

新千里東町地域自治協議会会長 小川浩一

 


2013.8.29

環境整備運営委員会の設置について

2013.8.29  まちづくり計画策定部会

 

新千里東町は、歩車分離のコンセプトのもと区画整備され、自然公園に囲まれた美しい町です。しかしながら、生活環境、自然環境は日々変化しており、長期にわたって美しく、安全な町を維持するためには様々な課題があります。

 

地域自治協議会は、8 月 18 日 (日) の理事会において、これらの様々な課題を継続的に解決していくために、環境整備運営委員会の設置を正式に決定しました。

 

本委員会は、環境観察まちあるき等の企画を通じ、東町の生活環境、自然環境の変化を調査把握し、分析・対策案の作成を行い、地域住民の意見を集約していく活動を行います。

また、その結果をもとに市の環境担当部門(道路、公園等)と意思疎通を図り、環境整備課題の実現を目指します。

 

8 月度議案の概要について

 

環境整備運営委員会は 8 月度の環境改善議案として、以下の 4 つの議案を提示しています。

 

(1) もみじ橋通りの雑木林について

 

雑木林の適切な維持管理のために、行政および専門家の指導のもと竹の伐採、樹木の剪定、下草の除去を行います。また、定期的にもみじ橋通り雑木林の維持管理が進められるよう規定することを検討します。

 


 

詳細な経緯

 

もみじ橋通りの雑木林は、町を切り開く際に里山を残すという目的のために作られた市の管轄における千里東町の地区公園です。

常緑樹、落葉樹、竹など多種多様な樹種が混生する雑木林です。繁殖力の強い竹などは密集して広がるため、雑木を駆逐してしまう可能性があります。このような理由から、健全な雑木林を保つためには維持管理の必要性があることが以前より認識されています。

約5年前に、地域自治協議会の前身である自治会連絡協議会と市が協働して適切な維持管理のために竹を一部伐採しました。以降は維持管理のための活動に至っていない状況です。

なお、適切な維持管理が進まないことで様々な影響が出ており、特に近隣にお住いの方には切実な問題となっています。

・竹や樹木が増え、見通しが悪化することで防犯上の不安が増加しています。

・樹木が隣接するマンションの低層階の日当たりを悪化させています。

・やぶ蚊、ムカデなどの虫の増加による被害が増えています。

・道路脇の標識や街灯が隠れている箇所があります。

豊中市は「住民の間には、みどりに対して様々な意見があるため、地域の総意を地域自治協議会でまとめ、その内容を踏まえて維持管理を進めていきたい」との考えです。この度、地域自治協議会は雑木林の適切な維持管理のために、地域住民の意見を集約しながら、古くなった竹の伐採、樹木の剪定、下草の除去を行政および専門家の指導のもと進めていきたいという考えに至りました。

 

(2) あかしや橋下の交通について

 

先日注意喚起を別途行わせていただきましたあかしや橋の交通についてです。7月、この通路で、自転車の車道飛び出し事故がありました。

東町は、歩道と車道の分離を原則にまちづくりされていますが、数年前、ここで歩行者や自転車の車道横断が可能であるかのごとく改修され、斜め横断を促している傾向にあります。

事故の再発防止のために、改善案を以下に掲げました。

 

A) 飛び出し防止策として柵を設営する。

 

自転車などがスピードを出して道路に侵入することは非常に危険であるため、柵を設営し、道路前で減速するような方法を導入したいと考えています。

ただし、車で送迎された足の不自由な方が車いすで進入する場合を想定し、間隔を空けることを考慮します。

また工事用の車両の通行のために、取り外しやすいものを設置することとします。

 


 

上図はあくまで例であり、実際の柵の本数や間隔等は専門家と協議した上で決定します。

 

B) あしあとマークの除去

 

子供には、道路両側に斜めに配置された足跡マークが横断を促すといった誤解を招く表記であるため、あしあとマークを両方 (または片方) 除去したいと考えています。


 

C) 対面側の原状復帰

 

対面側の道路には元々路側帯に段差および植込みがありました。豊中市側に記録が残っていませんが、結果的に現在段差は何らかの原因で除去されています。これを原状復帰することを考えています。

 

(現在の状態)

(現状復帰の状態)


 

歩道と車道の分離について、街の設計を行った時期から年月が経過しており、特に増加傾向の高齢者や車いすの方の安全な横断についても考慮する必要があることも事実です。

 

この町の歩車分離のあり方自体を含めて論議し解決していくには、非常に多くの時間が必要となるため、問題の対処が遅れることが危惧されます。そのため、一旦この場所を原状復帰した上で、この場所を横断することが必要と考える場合は、歩行者の安全性を考慮した別の適切な対処を行っていく必要があると考えております。

 

(3) てによこ広場のフェンスについて

 

公園の老朽化に伴い、フェンスを改修するよう豊中市公園みどり推進課と連携して進めます。

 

 

歩道と車道の分離について、街の設計を行った時期から年月が経過しており、特に増加傾向の高齢者や車いすの方の安全な横断についても考慮する必要があることも事実です。

この町の歩車分離のあり方自体を含めて論議し解決していくには、非常に多くの時間が必要となるため、問題の対処が遅れることが危惧されます。そのため、一旦この場所を原状復帰した上で、この場所を横断することが必要と考える場合は、歩行者の安全性を考慮した別の適切な対処を行っていく必要があると考えております。

 

(3) てによこ広場のフェンスについて

公園の老朽化に伴い、フェンスを改修するよう豊中市公園みどり推進課と連携して進めます。

 


 

(4) 長谷池の藻の清掃について

 

2014 年 2 月に、長谷池の藻の清掃を実施するよう計画します。

 


 

環境整備運営委員会の活動開始

 

9 月 1 日 (日) 14:00 に東町会館 2 階で本委員会設立後の最初の会合を行います。

本委員会は、東町の環境改善のため、一緒に活動していただける方を公に募集していきます。是非とも自由にご参加ください。

 

公開説明会の実施

 

9 月 8 日 (日) 14:00 に東町会館 2 階にて 8 月度議案の公開説明会を開催します。

この説明会では、東町住民の意見を最大限集め、協議会での採決の基準としていきたいと考えています。奮ってご参加くださいますようお願いします。

 

8 月度議案は、本会合および東町各自治会および団体を経由して住民意見の集約を行った上で、9 月 15 日 (日) の東町地域自治協議会理事会にて採決します。承認された場合は、市の担当部門および専門家と連携し、迅速に問題解決が進められるようすみやかに実行段階に移します。

 

是非、環境整備運営委員会に様々なご意見をお寄せください。また、本委員会の今後の活動にご期待ください。

 

以上

2013.08.24

2013夏まつり

2013パレードコース.pdf
PDFファイル 345.4 KB
2013イベント会場図.pdf
PDFファイル 67.6 KB
2013イベント時間表.pdf
PDFファイル 68.8 KB
2013イベント時間表(順延時).pdf
PDFファイル 66.2 KB
2013夏祭りゴミ分別のお願い.pdf
PDFファイル 45.4 KB

2013.07.15

環境観察「まち歩き」が開催されました

新千里東町は地区公園を含む自然に囲まれた美しいまちです。しかし、この自然に対する住民の皆様の考え方は多種多様であり、様々な意思の相違から維持管理に対する積極的な推進が難しい状況にあります。

新千里東町地域自治協議会は、設立趣旨の通り住民による、住民のための、住民の組織として、この自然環境の維持、改善のための環境整備について住民の皆様の多種多様な意見を集め、それぞれの課題を優先付けし、民主的に問題解決するために行動していきたいと考えています。

この目的に対する行動の第一歩として、東町の各自治会経由で貼り出しによる開催通知を行い、先日 7月15日に住民の自由参加による環境観察「まちあるき」を行いました。雨天の中、合計 21 名の住民が参加いただき、こぼれび通りから長谷池、もみじ橋通りの2班に分かれて、自然環境の観察と問題探しを行いました。

ここで挙がった問題点は、環境整備部会を発足し、以後解決に向けてのプロセスを立案し、地域自治協議会として住民の意見をまとめ、行政と連携していく予定です。

以下にまちあるきの様子や、挙がった問題点の一部を紹介します。

 

もみじ橋通りコース

雨の中まち歩きに集まった人たち

スズメバチが飛んで来る木

整備された北側の竹林

枯れる松(八中南法面)

密集する竹林(紅葉橋側から桜が丘)

スズメバチが飛んで来る木

放置された雑木林

5階まで陽を遮る生い茂る木(桜が丘)

枯れる松(八中南法面)


こもれび通りコース





話し合い