協議会NEWS 2012年度

2012.04.22

平成24年4月22日 新千里東町地域自治協議会が発足しました。

会長挨拶

本日、新千里東町地域自治協議会の設立にあたり、ひとことご挨拶申し上げます。

近年、大阪府においては少子高齢化や経済状況により、生活に不安を感じる住民が増加する傾向にあります。又、『無縁社会』の言葉に象徴されるように、地域では人と人のつながりが薄れ、ともすれば社会から孤立して生活を送ることによるリスクが指摘されるようになりました。

この解決には、地域住民の自治会を中心とした自主的な活動と、地域においてお互いを支える関係づくりが必要となっております。

新千里東町自治会連絡協議会を中心に、これまで3年に亘り住民に開かれた新組織づくりを目指して鋭意検討を重ねてまいりました。

そしてここに、新千里東町地域自治協議会の設立が総会で承認されました。

すべての住民が安全・安心に暮らしていける地域づくりを進め、『住んでみたい・住んでよかった・これからも住み続けたい東町』のビジョン実現に向けて活動を姶めます。

最後に『一寸の光陰軽んずべからず』を念頭に活動を進めます。この会は全住民で構成されています。皆様の積極的なご提言とご協力をお待ちしています。

以上をもって役員を代表しご挨拶といたします。

新千里東町地域自治協議会・会長・河野昭一

設立趣意書

私たち、新千里東町の住民と団体は、地域に住まうすべての人々が安全安心に暮らしていける地域づくりを進め、「住んでみたい、住んでよかった、これからも住み続けたい東町」のピジョン実現をめざして、ここに、住民による、住民のための、住民の組織として、新千里東町地域自治協議会を設立します。

地域自治協議会は、東町を最も良く知る住民の皆さんが東町のことについて、自分たちで考え、話し合い、ベストを見出し、施策として実施してゆく仕組みです。

また、豊中市の部局間の縦割り行政と豊中市による全地域均一施策、及び東町諸団体の達携不足がもたらすさまざまな弊害に対して、住民二-ズのポトムアップ、達携強化、そしてワンストップサーピスを実現する組織でもあります。

設立後は、全ての住民が生活する自治会・管理組合を縦軸に、地域の諸団体を横軸に、それらの全てが参加する組織と、住民のニーズや気持ちを尊重する童思決定が出来る仕組みを構築し、段階的に発展、強化させていきます。

地域自治協議会の役割は、次の通りです。

○東町のさまざまな団体の達絡・相互協力・達携の調整を行う。

○東町ニーズを把握し東町の課題を見出すことにより、東町の特性に応じた公共サーピスを提供する。

○東町を代表して、豊中市との達絡調整・協働の窓□となる。

○基礎的コミュニテイ組織(自治会・管理組合)の規模では実施困難な課題に取り組む。

平成24年(2012年)4月22日

新千里東町地域自治協議会設立総会

2012.08.18

夏まつり・盆踊り大会 無事終了。皆さまのご協力ありがとうございました。

▼当日会場での「千里音頭」です。

歌詞は、こちらの、新聞委員会のブログ8月15日の記事からどうぞ。

あかしやから会場を望む
あかしやから会場を望む

●詳しくは、「ひがしおか」74号でご紹介しています→クリック(e-senriへ)

(東町ホームページ「e-senri」の、広報誌ひがしおか>2013.03.01 74号の10Pからどうぞ)

●8月18日(土) (雨天の場合は19日)

 

 16:00〜17:00 こども神輿巡行

 17:00〜17:30 打ち水

 17:30〜17:50 沖縄エイサー

 17:50〜18:30 和太鼓八鼓

・18:00〜 模擬店 開始(〜売切れまで又は 21:00まで)

 18:30〜18:45 ヨーヨー

 18:45〜19:00 抽選会(1等・2等)

 19:00〜19:45 ワタナベ フラワー演奏

・19:00〜19:45 抽選会(3等〜5等は三角クジ)

 19:45〜    盆踊り

 21:00     夏まつり 終了 

2013.01.01

広報紙「ひがしおか」にて「東町の広報についての実態調査アンケート」と協議会主催の「第1回ラウンドテーブル」が紹介されています。

東町の広報についての実態調査アンケート
東町の広報についての実態調査アンケート
第1回 ラウンドテーブル
第1回 ラウンドテーブル

第1回ラウンドテーブル記録
20121216第1回ラウンドテーブル.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 1.3 MB

2013.01.13

1月12日(土)協議会設立記念・新春交歓会が開催されました。

東町で活動する各団体の方々や住民の方々が多数参加され、協議会の部会活動報告をはじめ、演舞や語らいで楽しく食べて飲んで、東町会館が華やかに盛り上がっていました。

<第1部>「協議会創立記念行事」として所属各部会の活動報告

<第2部>「新春交歓会」として諸芸披露による団体、自治会紹介

今回は、当協議会を構成する団体に所属する理事、代議員はもとより、そのほかの諸団体、東町に関わる多くの皆さんのご参加によって、賑やかに新年を祝します。

    ・お子さん連れでのご出席も大歓迎。

    ・会場には、履き替えなしで入場して頂けます。

    ・ご高齢の方には、和室もご用意しております。

2013.01.22

「赤い羽根共同募金」にご協力ありがとうございました。

------------赤い羽根共同募金。の報告とお礼-------------

昨年に実施いたしました「赤い羽根共同募金」を、豊中地区募金会に納入しました。
 ●今年の募金額は416,487円でした。

 (前年度は、460,524円の募金を戴きました。)

ご協力ありがとうございました。

募金は大阪府共同募金会を通じて、地域の団体に配分されることになります。
平成23年度、豊中市内の団体への配分は、

 赤い羽根データベース はねっと 豊中市 
赤い羽根共同募金の詳細は、

 赤い羽根おおさか でご覧いただけます。

 

2013.01.25

東町には、要支援・要介護認定の高齢者が身近に利用できる施設が皆無です。その改善のため、当協議会から「要介護高齢者施設の東町への誘致」の要望書を豊中市長あてに提出いたしました。

 新千里東町の高齢者(65歳以上の人口に占める割合)は平成24101日現在で、30.8%であり、これは豊中市全体の22.7%より相当高くなっています。

ちなみに、豊中市全体では、デイサービスが73ヵ所、デイケア(通所リハビリテーション)18カ所、ショートステイ22カ所もありますが、東町にはこれらの施設が一つもありません。住民高齢者の不安をなくすためにも、「東町近隣センターの移転建替え」や「東町UR都市機構の建替え」の動きと連動しつつ、 是非これら施設の誘致を図りたいものです。

   新千里東町地域自治協議会では、「地域づくり計画策定部会」の共通課題検討部会の清水理事が中心となり論議を重ね、情報収集・施設見学も実施し、平成241228日に豊中市長あてに、要介護高齢者施設の東町への誘致要望書を提出しました。(1月16日現在:関係部署を経由し、市長までの供覧が完了)。東町が「これからも住み続けたい町」に一歩前進しました。

 

協議会を通して、住民のための活動が多くの部会で動き始めています。

あなたのご参加をお待ちしています。(お問い合わせのページからご連絡ください)

   (↓小さな画像は、クリックで拡大表示します)

要介護高齢者施設誘致の要望書
要介護高齢者施設誘致の要望書
千里の高齢者福祉施設
千里の高齢者福祉施設
老人福祉施設誘致要望書.pdf
PDFファイル 61.9 KB
要望書添付資料.pdf
PDFファイル 216.9 KB

2月24日 第2回ラウンドテーブルが開催されました

第2回 ラウンドテーブル
第2回 ラウンドテーブル

東町会館にて地域自治協議会主催による、第2回 ラウンドテーブルが開催されました。

この日は時折雪が舞う寒い日でしたが、「テーマ:東町の活動拠点のありかたについて」活発な熱い自由な討議が飛び交いました。次回はあなたのご参加をお待ちしています。

第2回ラウンドテーブル記録
20130214第2回ラウンドテーブル.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 179.4 KB